僕の休日は「古本屋」か「図書館」が最高。

ヨシノリハラです。本が大好きです。月に50冊くらい読みます。簡単な書評。忘れないための覚書メモです。

勉強するなら「青ボールペン」は本当なのか?とにかく大量のマインドマップ生産中。

頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法

頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法

以前、文房具屋に勤めていたころに、知人から、青ボールペンを大量に注文されました。集中力を培うのには、青ペンが良いのだそうで。そんなわけあるか、と思ったのですが、この本を書いている人は、早稲田塾(予備校)の創業者。それなりに信ぴょう性もありそうです。今さら、受験勉強ではないのですが、ある「資格」を目指して、大量のお勉強に励んでいます。そのタイミングで、そういえば「青ボールペン」って聞いた気がする・・・思い出しました。

私は、こういう偶然を大切にしています。ということで「レビュー」はそれなりですが、やる気を起こすために、マケプレでこの本を購入しました。

毎日3~4時間のマインドマップ集中勉強

もっと若いころからまじめにやっていればよかったと後悔することしきりですが、何歳になってからでも「遅すぎる」ということはないのでしょうから、やる気になった今が大事だと思い、お勉強に励んでいます。朝食前の1時間~1時間半、仕事開始の前に必ず時間を取り分けています。また、夜の時間も少しでもあれば勉強しています。以前から、私の勉強法の核は、手書きのマインドマップで、細かに情報を「まとめていく」やり方です。おぼえこみたいと思う情報は何度でもマインドマップを書き直します。

書きやすいボールペンが大事

私は、大変、細かな文字を書くタイプなので、書きやすいボールペンが必要です。もともと書きやすいペンといえば「ジェットストリーム」ですけど(0.38好きです)。

細かなマインドマップを丁寧に描き上げていく過程では、どうも適していないように思います。本当に多少なんですけど、液漏れするというか、インクが緩いのが気にくわないんですね。どうしても、手がふれる部分がインク染みになってしまうのです。こんな細かなところばかり気になるのです。私の好きな、細かな文字を書き上げるには、今のところ、このペンしかない!というこだわりのペンがあります。残念ながら、現在は廃版。
www.yumegazai.com
代わりになるペンをいろいろ探していましたが、たまたま、以前の在庫の中に眠っていた、ぺんてるのエナージェルが書き味がそれなりによさそうです。0.35です。また、ちょうど、青ペンです。ま、これを見かけたので、青ペン書きなぐり法を思い出したというだけなのですが・・・笑

書きなぐり、使い切ったボールペンや、ボールペンの替え芯をすべてとっておくとよいのだそうです。どれだけ勉強したかわかりますもんね。実にアナログではありますが、こういう勉強法(とにかく根性)は好きです。

まとめ

ちなみに、私は、プロジェクトペーパー(方眼紙)を使ってマップを書きまくるのが好きです。方眼があると、文字のサイズが安定するんです。ほんと、小さなことなんですが、こういうのがどうもまた、大切で。

オキナ プロジェクトペーパー A4 5ミリ方眼 100枚 PPA45S

オキナ プロジェクトペーパー A4 5ミリ方眼 100枚 PPA45S

ちなみに書き上げたマップは一枚も無駄にせず、スキャナで読み取り、PDFにしてevernoteに放り込んでいます。

ほんと受験生みたいなことやってますが、来年の9月に向けて努力を開始しました。なんだか、30代後半になってからの勉強は楽しいかもしれません。

広告