ヨシ・ノリハラ・ノート

ウェブライターのヨシ・ノリハラです。ライターとしてのお仕事に関係したことを書いています。

買取査定で値段がつかなくても大丈夫!古い車を売るには「廃車買取」を使えば良いのか。

f:id:nazenanido:20180806211630p:plain

私のゼストはもう10年乗ってますし、けっこう不具合が多く、車体も傷だらけ(サビもあり)で、車買取に査定してもらうのもためらわれます。よくリサイクルショップに家具とかを売りに行くと「とても、これじゃ売れません」と言われて、そのまま持ち帰ることがあるのですが、車買取でもそんな切ない思いをする気がします。さんざん業者に見てもらったあげく「これじゃ売れませんよ」と言われる予想がビンビンきてます。
lifetime.hatenadiary.com

そんなわけで、車買取の査定をやってもらうのをためらっていたのですが、ここに来て、最終的な奥の手になる選択肢を見つけました。

それが「廃車買取」です。

廃車買取ならどんな車でも売れる?

通常の車買取で査定価格が付かない場合でも、数万円でも廃車買取で買い取ってもらえたら、わずかでもプラスになるかもと希望がわいています。

なぜ廃車買取に値段が付くのか?

廃車でも中古部品(パーツ取り)にある程度の値が付いたり、別の国ではまだまだ古い日本車が価値を持つとのことです。そういえば、友達がアジア各国にいるのですが、ずいぶん古い日本車が国中を走っていると教えてくれました。整備し直せば使える車はまだまだあるということなんでしょう。
参考:なぜ日本の中古車は海外で人気なのか| カーディールページ

なんだかんだ言いつつ、日本人は車を大事に乗ってる。うちの車もそうでしょうね。ちなみに、廃車買取では、どうしても売れない場合でも、鉄やアルミニウム、銅などの素材を価値化するそうです。

う~ん、こう考えてみると・・・・

わが愛車も、それなりに古く、たくさん走り、ちょこちょこ不具合がありますが、海外に持って行けば、新車レベルで喜ばれるのでは?と想像がたくましくなりました。廃車買取をアピールしている業者はそれなりにあるのですが、私が、当たってみるならここかな?と思ったところは、この会社です。
参考:廃車買取・手続きなら廃車ひきとり110番

買取事例を見ていると、

・走行距離10万キロで、事故で動かなくなった車を12万円で買い取ってくれたり・・・
・タイヤ無しで走れなくなった車を5000円で買い取ってくれたり・・・
・車検切れの平成8年車を1万円で買い取ってくれたり・・・

と、期待が持ててきました。

何と言っても、私の車はこの紹介事例の車たちよりもはるかに条件が良いように感じます。2008年に新車で買ったわけだし、ちゃんと車検もあるし、一応走るし、故障するたびに直しているし・・・。どこの買取でも断れたら、最悪、廃車ひきとり110番でそれなりのお値段が付くのでは無いか?とワクワクしました。(調べておくものですね。選択肢があるというのはありがたいことで、何も知らなければ、費用を払って廃車手続きもやむなしかと思っていました。)

まとめ

少し調べてみて、廃車買取は第一の選択肢ではないものの、最終手段として使えるということがわかりました。

私の車のスペックなら、まずは通常の車買取に一度査定してもらって、あまりにも買取価格が安かったり、かえって処分料などがとられてしまうという宣告があった場合、廃車買取にあたってみたいと思います。どちらにしても、私の古い車もある程度の価格で手放せる可能性があるとわかりました。これは希望になります。

追記

結局、面倒になり中古車購入の「下取」にしました。でもあとで、一度廃車買取に声かけてみたかったなと思いましたよ。
lifetime.hatenadiary.com

広告