ヨシ・ノリハラ・ノート

ウェブライターのヨシ・ノリハラです。ライターとしてのお仕事に関係したことを書いています。

誰にとっても「燃費の良い軽自動車」など存在しない!まずは、自分の運転環境を見直そう。

クルマ音痴の私が、最近気がついたことがあります。車屋さんとの話でも、とにかく「燃費の良い車を」しか言ってこなかったわけですが、調べてみると、燃費というのは運転環境次第でずいぶん違うのだそうです。

まず、自分がどんな環境でドライブするのかを正確に伝えないと、理想の車には出会えないのだそうです。ですから、いくらネット上で燃費が良い車の評判を探しても、カタログ上の数値を見ても、自分の運転する環境次第で、満足のいく燃費にはならないのです。こんな当たり前のことを、今、声を大にして訴えています(恥ずかしい)。

「自分にとって」燃費の良い車を見つける

そこで、燃費の良い車があるか調べる前に、自分の運転する環境を書き出してみました。書き出してみると、けっこう、多くの人の乗り方とは違うんですよね。

毎日乗ることが多い

私の場合は、だいたい毎日、車を出して、ちょこちょこと走り続けることが多いです。高速はほとんど乗らず、大半が街乗りです。同じような走り方をしている車として、郵便局やタクシーのイメージがあります。数百メートル~1キロ単位で町の中をぐるぐると走り回ります。この走り方では、どうしても燃費が悪いのはしょうがないですね。それに加えて、あまり良くない条件が色々あります。

坂道が多い

私の住んでいる町は、坂道が多くアップダウンの激しい道が多いです。時折、体が斜めになるような、腹筋を必要とするような道を走らざるを得ません。現在のゼストでは、アクセルを全開に踏み込んでもヘロヘロしか上がっていかず、さすがにパワー不足を感じるところです。たまにそういう道があるくらいならしょうがないのですが、もう、街中、そんな道ばっかりなんですよね・・・。坂道を上るたびにアクセルを全開で踏み込むため、これは燃費悪くなります。

複数人で乗ることが多い

また、4人フル乗車で走ることが多くありますので、たくさんの人を乗せて、エアコンをつけて、急な坂道を上ると、もうヘロヘロです。何度かこういう体験をすると、やはり軽自動車のパワーの無さを感じます。坂道・荷物・人を乗せて走ることが多いとなると、ターボ付きを選びたいと思えます。でも、ターボになると燃費が良くは無いようです。特に、街乗りでは、ここはお互いに矛盾するところで、どちらを選ぶかが難しいところです。

渋滞が多い

私が住んでいる地区は頻繁に渋滞に巻き込まれます。夕方などの帰宅ラッシュは街中の主要道路は混み合います。どうしても、ストップ&ゴーが多く、燃費は悪くなりがち。渋滞でも燃費が良い軽自動車を調べてみたけれど、さすがに信号が多かったり、渋滞に巻き込まれて燃費が良い車はほとんど存在しないに近いわけです。特に中古車として買うには。

値段を気にしないのなら、2017年2月発売の新型ワゴンR(マイルドハイブリッド)が渋滞でも低燃費で走れる機能になっています。
参考:スズキ、マイルドハイブリッド搭載で燃費33.4km/L達成する新型「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」 - Car Watch

マイルドハイブリッド機能はスピードが13キロ以下で、アクセルもブレーキも踏まない時はモーターによるクリープ走行を行うのだとか(いまいち原理がわかっていないので、適当な説明ですが・・・)。ちょろちょろと進む道を走る際には、抜群に燃費が良くなる仕組みが搭載されています。

なかなか魅力的ではありますが、さすがに、この手の車は中古車市場でもお安く手に入れることは不可能です。

そうなると、渋滞対策としては、ブレーキを踏むと発動する「アイドリングストップ」機能がついている車を選ばなければならないかもしれませんね。あれは、あまり好きでは無いのですが・・・。

まとめ

この条件で「燃費の良い車を!」と求められてもね~~という、車屋さんの顔が浮かびました。さすがに、私も自分でリサーチしてみて、初めて、自分が無理なことを言っていたなと気がつきました。そうすると、あとはメリット・デメリットの判別です。

・坂道・フル乗車でストレス無く走るならターボ付軽自動車かコンパクトカー
・燃費優先なら郵便局の使っているスズキアルトなどの低燃費カー

最終的には、自分の好み(価値観)ということになります。これから、さらに迷い道ができてしまいました。新型ワゴンRに手を出せれば一番いいのですが、そんな贅沢はできませんし・・・。

追記

そして結局手に入れた車は燃費悪いターボになりました、笑
lifetime.hatenadiary.com

広告